新着情報

2017.03.27
救命講習実施

地元の消防署にご協力いただいて今年度救命講習を社員全員に実施しています。

 

仕事柄、業務中に緊急事態に出くわす可能性も強く、

何かあった時に困らぬよう、今回は安全衛生委員会で計画しました。

講習の定員は20名ですので、分かれて参加しています。今回は3回目です。

まずは、テキストで説明してくださいます。

心肺蘇生法からスタート

「呼吸をしていない!意識がない!」を確認してから始めます。

 

思いのほか大変でビックリ!!

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の1セットを繰り返します。

次はAEDの操作に入ります。

実際に起こったことをシュミレーションしながら順番に進めていきました。

 

なんとなく・・できそうな気がしてきました♪♪

 

こんな講習中にも

事故発生と救急出動要請が、アナウンスされました。

2回アナウンスされたなぁ。 と思ったら。。。

もうピポピポと出動していかれました。

早っ!!

 

ハンナの地域では、1ヶ月に100件以上の出動があるそうです。

ご苦労様です^^

 

今回学んだ蘇生法

”119連絡をした後、意識、呼吸がない場合は、救急隊員が到着するまで続けて下さい。その行動が生死を左右します” とのことでした。

 

そんな事がなければOK!

でも万が一のために。。。。。

誰かのお役に立つことができるかもしれません。

終了後には 終了証をいただきました。

 

もし緊急事態が発生したら。。

 

私たちは ”熱血プロ集団” です。

 

おまかせください。

救急隊員さんが、来られるまでしっかり役目を果たします!

前のページに戻る